出会い系サイトのコツ

Filed in ゲイ出会い コメントは受け付けていません。

無料出会い系サイトの攻略というのは、実はちょっとしたコツをつかめばかなり楽になります。
こういったものをまったく知らなく、何も指針がないままやっていたら、それはなかなか出会いには結びつかないでしょう。

やはり出会い系サイトもそうですが何事も、コツというものがあるのです。
それを守ってやっていけば、出会い系サイトで今まで出会いがなかった人にとっても、間違いなく出会いの可能性が高くなるでしょう。

まずは、あなたが出会い系サイトに登録したときのプロフィールをしっかりとしておきましょう。あなたがもしも気になった人がいて、その相手にメールを送ります。

まあ、出会い系サイトですからそれは当たり前なのでしょうが、そしてあなたがメールした女性は返事をするかどうかの判断で、あなたのプロフィールを見るのです。

このときにあなたのプロフィールが適当や書いていないようなことになったら、もう返信する候補から外れてしまいます。
なかなか返事を返してもらえない人は、ひょっとしたらこれが原因かも。

またその中には、あなたがネガティブな言葉を書くということはしないようにしてください。マイナス要素になってしまいます。

また写真を載せるのも効果的です。
それは顔の善し悪しというよりも、信用性の問題です。
顔が乗っていればそれだけ信用が高まります。
逆に怪しくなってしまいそうな写真は載せないようにしてください。

出会い系サイトはいろいろな人がいますので、あなたの写真を気に入る人だっています。
このようなコツを守れば出会い系サイトで出会える確率はかなり高くなるでしょう。

さあ、あなたもここから。
逆援助サイト

ゲイの恰好の出会いスポット

Filed in ゲイ出会い コメントは受け付けていません。

夏といえば海!プール!ですが、
こうした夏の遊び場がゲイの恰好の出会いスポットだと知っていましたか?
他の遊びやスポーツでも出会いはあるのでしょうが、
やはり水着に敵うウエアや衣装はないでしょう。

身体つきをじっくり見れるのが一番のポイントですね。
そしてやはり水着選びも重要なんです。
ゲイが好むのは、タイトで面積の少ないビキニタイプなのですが、
分かりやすい反面アピールが強すぎて失敗する可能性もあります。
当たり障りのないボクサー型くらいが丁度良いのではないでしょうか。

私の友人は、自分が水着を買いに行ったお店で
見ている水着の趣味がなんとなくカブる男性を見つけたそうです。
これは絶対ゲイだと確信した友人は合図を送ったのですが、
それを受け取ることなくお店を去ってしまったそうです。

失敗したかなと思っていたら、なんとその男性とプールでばったり遭遇したそうです。
運命を感じたそうですよ(笑
その時はお互いに彼氏を連れていたため、何かに発展することはありませんでしたが、
向こうも自分に気付いている様子だったと言っていました。

その後、例の男性を忘れられない友人はゲイの集まるサイトで軽く呼びかけてみたそうです。
ゲイも増えたとはいえ狭い世界ですから、わりと簡単に見つかったようです。
その後は連絡を取り合って一緒にプールに行ったりしていると嬉しそうでした。

同性同士での結婚

Filed in ゲイ出会い コメントは受け付けていません。

アメリカのある州では、いよいよ同性同士での結婚が認可されることになりました。
反対に、同性愛が罰せられるような国が存在するのも事実です。
日本では、罰せられることはありませんが、まだまだ同性愛者であることをカミングアウトして日常生活を送るのが難しい環境です。
そのため、同性愛者たちが堂々と日常の中で恋人を探すのは困難だと言えます。
最近の男性は「草食系」と表現されるとおり、中性的で優しげな男性も多いですから、見た目だけで同性愛者を判断するのも難しいですよね。
武士の時代の日本では、小姓との関係は同性愛だと言われていましたから、同性愛も実は特殊な性癖ではなかったのかもしれません。
しかし、時代が進み、男は外で働き、女は子どもを生み、家庭を守る…というスタイルが定着し、それが「幸せな家庭像」として扱われるようになりました。
そのため、同性愛が特殊な恋愛関係として見られるようになり、差別や偏見の対象になってしまったのかもしれません。
ほんの一昔前までは、同性愛者である自分を自覚しても、同じ性癖の人と出会うことは困難でした。
恋人はおろか友だちすら作ることが出来ず、一人で思い悩み自殺…ということもありました。
インターネットが発達し、直接顔を合わせることなく、同じ性癖を持つ仲間を専門の出会い系サイトで探すことが出来るようになりました。
ゲイ専門の出会い系サイトもありますから、この中では誰に隠すこともなく、堂々と自分がゲイであることをカミングアウトし、堂々と恋人を探すことも出来ます。
これらの進歩は、同性愛者にとっての救世主だったとも言えますね。

, , ,

TOP